白石接骨院いとうは白石市で開業12年、これまで3万人以上の患者さんを施術した実績がある接骨院です。丁寧な問診と痛くない施術で口コミ紹介95%以上!肩こりや腰痛、膝の痛みにお悩みであればぜひ当院をご利用ください。
TEL:0224-25-8611
お電話、メールは年中いつでもどうぞ!
急患も随時受け入れ致します!
公開日:2022年5月13日

 この記事は約 8 分で読めます。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、神経の背中側にある靱帯が分厚くなり、椎体と椎体の間の椎間板が突出して脊柱管が狭くなった状態で、主に高齢者に多く見られます。

ここでは脊柱管狭窄症でやってはいけないこと、自分で判断できる症状のチェックリストやよくある疑問にお答えしていきたいと思います。

院長:伊藤良太

・自分で自分の身体を治す方法を知りたい方は、是非とも友だち追加をしてください☆
・「今なら」ラインに登録してアンケートに答えると、肩こりを楽にする動画をプレゼント中!

友だち追加




脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、

加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。
脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。
椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間歇性跛行が起こるのです。
脊柱管狭窄症: 日本整形外科学会

また生まれつき脊柱管が狭かったり、事故や激しいスポーツによる衝撃が原因となって脊柱管狭窄症を発症するケースもあります。

似ている症状としては「椎間板ヘルニア」があります。

椎間板ヘルニアについてはこちら。

椎間板ヘルニアを重症化予防の対処法や、痛みを和らげる方法を詳しく解説!

脊柱管狭窄症でやってはいけないこと

脊柱管狭窄症でやってはいけないことを認識しておくと改善・予防、または悪化防止に繋がります。

是非ともお見知り置きいただければ幸いです。

 無理な運動

腰に何かしらの不具合があるにもかかわらず無理に運動を行うと、腰を構成する筋肉をさらに固くしてしまい、余計な圧迫力を起こしてしまいます。

腰の筋肉が硬くなると、脊柱管狭窄症だけでなく、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアを起こすリスクも。

脊柱管狭窄症も筋肉の固さにより腰を構成する組織に変性をきたし、症状を招いてしまいます。

腰は寝たきりでなけでば常に使われる場所でもあり、痛みや重み、そのほかの不具合がある際には無理な運動は控えた方が無難でしょう。

腰を反る(ヨガのポーズ)

脊柱管狭窄症は上半身をねじる、反らす動きで痛みが強くなります。

腰を強く反るヨガのポーズは、狭窄部の圧迫力を強くするため脊柱管狭窄症の痛みや痺れを強くするのです。

ただ、立ったままで症状が強くならないのであれば、当院の患者さんには腰を反る動作は推奨しています。

なぜなら腰が曲がり続け、しまいにはずっと腰が曲がったままになってしまうからです

骨の形が曲がるとその後は真っ直ぐ立てなくなるため、症状によっては反る動作をした方が予後の良い場合も多々あります。

先生と相談しながら行うと理想的です。

中腰になる

腰にとって最も負担となる動作は【中腰】です。

《人類が腰に痛みを抱えるようになった原因も農耕作業による中腰動作である》とすでに解明されています。

脊柱管狭窄症に限らず、腰に何かしらの不具合を感じている際には中腰動作は避けましょう。

中腰動作により腰の筋肉が硬くなることはもちろん、椎間板への圧迫力も強めてしまいます。

となると、症状も強くなってしまうリスクが高めるため、できるだけ中腰動作を避けた方が賢明なのです。

痛みを我慢しての作業

脊柱管狭窄症の痛みを我慢しながら作業をすると、組織の変性を早め今感じている症状を強くしてしまうことも。

痛みを我慢して作業をした後、さらに歩く距離が短くなったり、痛みや痺れが強くなった患者さんは数知れず…

何事も無理は禁物です。

動く際には先生に相談して、サポーターやテーピングなどを使いながら行いましょう。

腰のサポーターの使い方についてはこちら。

ぎっくり腰になった時の対処法とコルセットの正しい使い方

体重の増加

体重が増えすぎると腰を反る動作が常となり、腰への負担がかかり続けるようになるため、体重の増加は予防すべきです。

ただ、「体重の多い方に脊柱管狭窄症が多いのか?」というと、そのような傾向は関係ないと現場で感じています。

細身の方もなりますし、標準より体重が多い方双方に脊柱管狭窄症は見られますので、普段の生活の仕方やその方の持っているものによって症状の有無が決まるのかと感じています。

腰を反るとさまざまな不具合が生じます。

詳しくはこちらをご覧下さい。

反り腰チェックでひどい腰痛の原因を知ろう!答えはインナーマッスル⁉︎

反り腰の原因や改善する方法とは?ストレッチや運動を徹底解説!

脊柱管狭窄症でやってはいけないストレッチ

脊柱管狭窄症でやってはいけないストレッチは、

です。

その中でも顎を上げて腰を反ると腰への負担は一気に強くなり、症状も強く出ることでしょう。

もし腰を反る際には顎は引いて行ってください。

またヨガやピラティス、ラジオ体操なども腰を反らす動きやポーズが多いため、脊柱管狭窄症の際にはしてはいけない運動と言えます。

ただ、腰を曲げたままを維持すると骨自体が変形し、腰が伸びなくなるリスクも高めてしまうため、症状が強くならないようでしたらできるだけ腰は反る、または真っ直ぐ立っていた方が良いです。

「してはいけないストレッチ」の基準として

が当てはまるようでしたら、行わない方が良いでしょう。

腰の変性が原因で、痛みや痺れをもたらす「すべり症」についてもご覧ください。

すべり症でやってはいけないストレッチとは?正しく知って症状軽減!

脊柱管狭窄症のチェックリスト 

脊柱管狭窄症のチェックリストにて、病院に行く前の判断材料として確認してみましょう。

最後の排尿や排便に支障がある場合には、早急に医療機関を受けるべきです。

放っておくと後遺症にもなりかねず、日常生活にも大きな支障をきたすようになるでしょう。

お尻から起こる痛みや痺れを起こす「梨状筋症候群」のチェックはこちら。

梨状筋症候群を自分で治す方法とは?セルフチェックも一緒にチェック!

脊柱管狭窄症でやってはいけないことについての疑問集

ここからは脊柱管狭窄症でやってはいけないことについての疑問にお答えしていきたいと思います。

ウォーキングはいいの?

脊柱管狭窄症の治療やリハビリの一環では、腰に負担をかけない歩き方・歩行訓練などを行うケースがあり、無理のない範囲でのウォーキングは血行促進・筋肉のこわばりを緩和するために有効です。

脊柱管狭窄症は神経ばかりではなく血管も圧迫された状態のため、適度なウォーキングを行うと、圧迫されていた血管や神経が解放され、全身の血行促進にアプローチできるでしょう。

ただ脊柱管狭窄症は、それぞれの症状の度合いが異なっているため、運動した方が良い場合と安静を維持しておいた方が良いケースの両方があります。

脊柱管狭窄症でもウォーキングをした方が良いのは、

場合です。

逆に、脊柱管狭窄症で次のような症状が出ている場合は安静を保つようにしましょう。

日常生活に支障のある時には安静が一番です。

椎間板ヘルニアも日常生活に大きく支障をきたします。

関連記事としてご覧ください。

椎間板ヘルニアは手術で治すべき!?失敗例や保険など詳しく解説!

 歩き方はどうすればいいの?

脊柱管狭窄症になると痛みやしびれをかばおうと、自然と前かがみの姿勢になります。

正しい歩き方は背筋をまっすぐに伸ばした姿勢が理想ですが、脊柱管狭窄症の場合は背筋をのばして歩くと、神経が圧迫を受けて血流が低下し、慢性的な炎症やうっ血、むくみ、機能低下などのため、なかなか真っ直ぐにはなれません。

    脊柱管狭窄症は無理をしてまっすぐの姿勢にするよりも、患部に負担をかけない前かがみの歩き方が良いでしょう。

    ただ、腰が曲がるリスクは格段に上がりますが…

     ストレッチはしてもいいの?

    脊柱管狭窄症では腰を反らすストレッチ以外であれば、患部に負担をかけず症状の緩和が期待できるでしょう。

    ここでは脊柱管狭窄症にオススメのストレッチをご紹介します。

    腰の筋肉を緩めるのはとても難しく、同時に伸ばすのも難しいものです。

    このストレッチは腰を伸ばすストレッチとしては簡単で、しかも効果的に伸ばすことができます。

    気持ちよさを感じることで筋肉はさらに緩みやすくなりますので、ゆっくり身体と向き合いながら行いましょう。

    ストレッチの方法についてはこちら。

    間違ったストレッチをしないために、知っておくべきこととは?

    【まとめ】脊柱管狭窄症でやってはいけないことについて

    本記事では脊柱管狭窄症でやってはいけないことやチェックリスト、さまざまな疑問にお答えしてきました。

    脊柱管狭窄症でやってはいけないことをもう一度見直しながら、決められた安静時間の維持と改善予防に良い適度な運動を心がけて、辛い症状を早めに克服していただければと思います。

    院長:伊藤良太
    ・自分で自分の身体を治す方法を知りたい方は、是非とも友だち追加をしてください☆
    ・「今なら」ラインに登録してアンケートに答えると、肩こりを楽にする動画をプレゼント中!
    友だち追加

    この記事のキーワード

    この記事の著者

    仙南 白石接骨院いとう(院長:伊藤良太)
    友だち追加