白石接骨院いとうは白石市で開業14年、これまで3万人以上の患者さんを施術した実績がある接骨院です。丁寧な問診と痛くない施術で口コミ紹介95%以上!肩こりや腰痛、膝の痛みにお悩みであればぜひ当院をご利用ください。
TEL:0224-25-8611
お電話、メールは年中いつでもどうぞ!
急患も随時受け入れ致します!
公開日:2022年5月27日
最終更新日:2022年7月5日

 この記事は約 6 分で読めます。

リハビリ(リハビリテーション)は、骨折や打撲などのケガ、さまざまな病気の回復を促すために欠かせない訓練です。

ここではリハビリ(リハビリテーション)の詳しい目的や分野、関わりのある専門職や進め方のポイントについてわかりやすくお伝えしてみたいと思います。

院長:伊藤良太
疑問・質問は友達追加して無料にて受け付けております!
友だち追加




リハビリ(リハビリテーション)とは

リハビリ(リハビリテーション)とは、

という役割や目的があります。

ここではリハビリ(リハビリテーション)の目的や分野、関わる専門職、進め方などを詳しく見ていきましょう。

目的

リハビリ(リハビリテーション)はラテン語の、

という意味を持ち、ケガや病気からの回復を促し、人間が本来あるべき姿に回復していくことが大きな目的です。

またリハビリ(リハビリテーション)は、ケガや手術、入院などの後に当人がスムーズに日常生活を過ごすための訓練のひとつでもあります。

分野

リハビリ(リハビリテーション)には、大きく分けて次のような5つの分類があります。

リハビリ(リハビリテーション)の5つの分類それぞれの目的や定義を見ていきましょう。

一口にリハビリ(リハビリテーション)と言っても、これだけの内容があったとは私も知りませんでした。

関わる専門職

リハビリ(リハビリテーション)にかかわる専門職には以下のような職業があります。 

リハビリ(リハビリテーション)はそれぞれの分野のスペシャリストが緊密に関わり、患者さんに自助の生活復帰に向けて二人三脚で進められていきます。

 進め方

リハビリ(リハビリテーション)では人が本来持っている自然治癒ケガ病気からの回復を促すために、

という進め方が基本です。

リハビリ(リハビリテーション)の内容別の進め方は、

という流れになっています。

焦らずに地道に行うことが、実は最短日数で終了できる、大切なことかもしれません。

リハビリ(リハビリテーション)を意味あるものにするために

リハビリ(リハビリテーション)を意味あるものにするために、ここでは重要なポイントをまとめてお伝えしましょう。

正確な内容を学習していく

リハビリ(リハビリテーション)では、間違った動きを覚えないように、姿勢や動きを確認しながら正しい方法だけを学習することがとても大切です。

リハビリ(リハビリテーション)では、集中力の維持や継続も意味のあるものにするための欠かせないポイントになります。

回数と正確さ、試行錯誤の相乗効果を目標に行う

リハビリは、指示された訓練の回数だけをこなすのではなく、

を組み合わせると相乗効果が活き、長期的な効果を期待することができるでしょう。

リハビリ(リハビリテーション)を進めていくにあたり、患者さんとサポートする専門職の方とのコミュニケーションがとても大切です。

リハビリ(リハビリテーション)と治療の違い

リハビリ(リハビリテーション)は療法士によって筋力トレーニングや歩行訓練、作業療法などの訓練を行い、ケガや病気の回復を促す目的があります。

治療の場合は、医師によって薬剤の処方や手術、機械などでの専門的な治療を行うことを言い、リハビリ(リハビリテーション)は治療のようなリスクや副作用のない、ナチュラルな回復法という見方ができるでしょう。

リハビリ(リハビリテーション)が担う役割

リハビリ(リハビリテーション)は、

などの原因によって、本来の身体機能が低下してしまった人に対して回復を促す役割があります。

リハビリ(リハビリテーション)は、必要な人々に対して運動や日常生活の動作をスムーズに行うため、維持するために療法を施す重要な役割があるのです。

【まとめ】リハビリ(リハビリテーション)について

本記事ではリハビリ(リハビリテーション)に関する目的や役割、意味あるものにするためのポイントをお伝えしてきました。

ケガや病気後にいつもの生活習慣を早期に取り戻すことができるよう、先生の指示を守って正しく効果的なリハビリ知識を身に着けていきましょう。

院長:伊藤良太
疑問・質問は友達追加して受け付けております!
友だち追加

この記事のキーワード

この記事の著者

仙南 白石接骨院いとう(院長:伊藤良太)
友だち追加