白石接骨院いとうは白石市で開業12年、これまで3万人以上の患者さんを施術した実績がある接骨院です。丁寧な問診と痛くない施術で口コミ紹介95%以上!肩こりや腰痛、膝の痛みにお悩みであればぜひ当院をご利用ください。
TEL:0224-25-8611
お電話、メールは年中いつでもどうぞ!
急患も随時受け入れ致します!
公開日:2021年5月5日

 この記事は約 6 分で読めます。

妊娠中は今までとは違った心身の変化、不調が気になることも多いのではないでしょうか?

今回は妊娠中を穏やかに前向きに過ごすために、よくある肩こりを緩和・予防する方法をご紹介します。

ママになる日を心待ちにしながら、気になる肩こりのトラブルを早めに解決しておきましょう。

院長:伊藤良太

・自分で自分の身体を治す方法を知りたい方は、是非とも友だち追加をしてください☆
・「今なら」ラインに登録してアンケートに答えると、肩こりを楽にする動画をプレゼント!
・「友だち追加」をタップすれば、登録はすぐに完了!

友だち追加

妊娠中の肩こりの原因

妊娠中に「肩こりがひどくなった」と悩む女性は意外に多く、そもそもの根本的な原因が気になるかと思います。

この項では、妊娠中に肩こりがひどくなる原因について見ていきましょう。

ホルモンバランス

女性の心身のバランスと深いかかわりがあるホルモンバランス。

妊娠中は女性ホルモンの分泌が通常よりも活発になります。

そのため、過剰な女性ホルモンの分泌から自律神経が刺激を受けて血管・血液循環に作用し、肩こりが起こりやすいと考えられています。

ストレス

妊娠中は身体とメンタル面を気遣うあまり、ストレスを感じることが多くあります。

ストレスは血管にダメージを与える活性酸素の発生により血液の循環が乱れたり、筋肉が常に緊張した状態となるため、肩こりになりやすいと考えられています。

悩み事や心配事を少しでも解消できるよう、お話しできる場や協力者がいるといいですね。

姿勢や体型の変化

妊娠中は女性ホルモン分泌が活性化され、乳房やお腹まわりが大きくなるため、身体全身に重みを感じるようになります。

それなりに重さのある乳房やお腹まわりを支えようとして姿勢が乱れ、筋肉やリンパ管が圧迫されて肩こりを感じてしまうのです。

同時に体重の増加に比べて筋力の発達は起きないために、余計に各所に負担がかかるのも、もう一つの負担増となっています。

運動不足

妊娠中は母体を守るためにも、運動をするよりも休息する時間を増やす意識を持つことが多いのではないでしょうか。

運動不足によって筋肉量が減ると、筋肉が持つ体を支える力・血液や老廃物を運ぶ働きが衰えてしまいやすくなるので、肩こりが慢性化・長期にわたる場合があります。

体操程度でも構いませんので、動く習慣を作りましょう。

妊娠中の肩こりを楽にする対処法

妊娠中は心身ともにデリケートな状態になっているので、肩こりだけでも大きなストレスと感じることも。

ここからは、妊娠中でも手軽にできる、肩こりの痛みや不快感を楽にするオススメの対処法をご紹介します。。

マッサージ

妊娠中の肩こりをラクにするためには、

  • 決して強く揉まない
  • 物足りないと感じる程度の時間や回数、心地よさが実はベスト
  • 刺激になるような強い押し方をしない
  • 体調を考慮して医師の判断をもらうこと

といういくつかの注意点があります。

この注意点を押さえて、次のマッサージでツラい肩こりのケアを始めてみましょう。

  1. 親指以外の指を肩こりを感じるところに置く
  2. 1に置いた手を痛みを感じない程度に押す
  3. 2の刺激のまま、肩を耳につけるように肩をすくめる
  4. 3を5〜10回ほど繰り返す

1日に数回行ってみましょう。

行った後の感覚で、回数や刺激の強さ、頻度を調節して行ってくださいね。

肩もみについてはこちらをご覧ください。

肩もみのやり方と注意点、肩もみ上手になるポイントをご紹介!

温める

レンジで温めたホットタオルや、温感作用のある湿布、カイロなどを首元・肩の痛みが気になる部分に当てると、温かさによって痛みが少なくなり、気持ちのリラクゼーションにもつながりやすくなります。

気持ちがリラックスすると筋肉も緩み、肩こりが軽減しますよ。

湿布やピップエレキバン

湿布やピップエレキバンには、内部に消炎・鎮痛作用のある薬剤が含まれているため、痛みの緩和に即効性が期待できます。

ただ、湿布やピップエレキバンは、妊娠中のゆらぎやすい肌質に刺激となることもあるため、長時間の貼付は避けることがお勧めです。

少しでもかゆみや赤みを感じたら剥がしましょう。

ストレッチ

妊娠中の肩こりには、タオルを使ったストレッチがオススメです。

タオルを使ったストレッチで筋肉のこわばり・コリを緩めましょう。

  1. 首周りにフェイスタオルをかけて、軽く両手で持ちます
  2. 首を前、後ろ、右、左の順に動かし、その前後左右をつなげるようなイメージで首をゆっくりと回しましょう
  3. 左右にゆっくり、3回ずつ回して終了です

痛みがある時はもちろん、行った後に何かしらの症状を感じた時には、回数を少なくしたり、動く範囲を小さくして行ってくださいね。

ツボ

妊娠中の肩こりには、痛みを緩和するツボ押しも効果的です。

すぐに実践できる肩こり緩和のツボの場所、押し方のポイントを参考にしてみてください。

①風池(ふうち)

風池は、首の後ろの骨の両側、髪の生え際のあたりに位置しています。

手のひらで後頭部を包み込みながら、親指で軽く押してみましょう。

②百会(ひゃくえ)

百会は頭のてっぺんの中央、髪の生え際に位置しているツボです。

このツボを親指の腹を使って、適度な力を入れて押してみましょう。

百会は妊娠中の肩こり緩和・予防をはじめ、自律神経の乱れを整える効果も期待されています。

③肩井(けんせい)

肩井は首の付け根と肩の先を結ぶ線の真ん中に位置しています。

このツボを「痛気持ちいい」と感じる程度に押すと、肩こりによる頭痛の軽減となるでしょう。

マッサージ機

妊娠中の肩こりには、マッサージチェアや電動式の機械を使ってみることもオススメです。

マッサージチェアの場合は、マタニティに特化した商品を選ぶことが婦人科医からも推奨されています。

肩回りのツボ押しを適度に刺激して痛みを緩和するマッサージ機は、商品をリサーチするだけでも妊娠中の気分転換になるでしょう。

軽い運動

妊娠中は心身に負担のかからない軽い運動であれば、毎日実践しても問題がないと言われています。

肩回りの筋肉を緩めるヨガや、軽いストレッチ、散歩感覚のゆったりとしたウォーキングなどを習慣付けておくと、肩こりの解消はもちろん、妊娠中の気になる体の冷えの緩和・予防にも役立つでしょう。

くれぐれも体調と相談の上で行ってくださいね。

妊娠中の肩こり対策で注意すべきこと

妊娠中の肩こり対策で注意すべきポイントは、

  • できるだけ同じ姿勢は避ける
  • 体を冷やさないよう、温活を習慣付ける

などがあります。

妊娠中は身体をかばおうとして乱れた姿勢が長時間続くこともあるので、こまめに動く、筋肉を動かす意識を持つようにしましょう。

また身体の冷えは血液循環・リンパの循環が不安定になり、肩こりの原因となる老廃物が体外へ排出されにくくなってしまうことも。

そのため、体を冷やさないよう、体温調整のできる羽織りものや温活アイテムなどを揃えておくと便利です。

妊娠中の肩こりに悩まされないために~まとめ~

妊娠中の肩こりは、ストレスの長期化や頭痛などのトラブルを併発してしまうこともあるため、決して軽視しないことが肝心です。

ご紹介した肩こり対策で、出産までの日々を健康的に、穏やかに過ごしてくださいね。

院長:伊藤良太
・自分で自分の身体を治す方法を知りたい方は、是非とも友だち追加を!
・「今なら」ラインに登録してアンケートに答えると、肩こりを楽にする動画をプレゼント!
・「友だち追加」をタップすれば、登録はすぐに完了
友だち追加

この記事のキーワード

この記事の著者

仙南 白石接骨院いとう(院長:伊藤良太)
友だち追加