白石接骨院いとうは白石市で開業12年、これまで3万人以上の患者さんを施術した実績がある接骨院です。丁寧な問診と痛くない施術で口コミ紹介95%以上!肩こりや腰痛、膝の痛みにお悩みであればぜひ当院をご利用ください。
TEL:0224-25-8611
お電話、メールは年中いつでもどうぞ!
急患も随時受け入れ致します!
公開日:2020年5月2日
最終更新日:2020年5月2日

 この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは、白石接骨院いとうです☆

本日は「健康に気を使う人必見!健康にいい食べ物に含まれている栄養素とは?」という内容になります。

元気な人、健康な人は何を摂取しているのか気になりませんか?

「健康は一日にしてならず」と言われるように、普段の食生活が身体の健康状態を支えていると言えるでしょう。

逆に偏った食生活を続けている人は、身体を蝕んでいると言っても過言ではありません。

今回は、健康にいい食べ物に含まれている栄養素をご紹介します。

「健康にいい」といっても一日だけ食べればいいというものではないので、きちんと毎日食べ続けるのが理想的です。

何事も習慣ですね!

それでは、健康にいい食べ物に含まれている栄養素についてご説明しましょう

健康にいい食べ物に含まれている栄養素4選

健康にいい食べ物に含まれている栄養素は数多くあります。

必要な栄養素が不足していると栄養不足に陥りやすくなりますが、毎日の食生活を見直すことで身も心も健康的になります。

これを機に食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

ではご紹介します☆

亜鉛

亜鉛とはミネラルの一つであり、タンパク質の再合成やDNAの合成、骨の成長、肝臓、腎臓、膵臓、新しい細胞を作るのに必要不可欠など体内になくてはならない栄養素の一つです。

活性酸素を除去するのに必要な細胞の一つであったり、味蕾細胞や免疫反応にも亜鉛が必要だったりと非常に重要な役割を持っています。

亜鉛不足になると味覚障害や免疫力低下、脱毛、慢性的な下痢、生殖機能の低下、認知機能障害などの様々な症状が出てきます。

亜鉛が多く含まれているのは、牡蠣やウナギなどの魚介類、豚の肝臓などの肉類、わかめなどの藻類、大根や枝豆などの野菜類、納豆を初めとする豆類です。

毎日無理なく摂取できるのは、納豆や海藻、野菜類ですね。

日々の献立に加えてみてはいかがでしょうか(^_-)-☆

ビタミンB2

ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれており、体内で起こる酸化還元酵素に必要な補助栄養素として活躍しています。

酸化還元酵素は糖質やたんぱく質、脂質の代謝やエネルギー産生に大きく関与しており、身体の発育を促進させたり細胞の再生にも必要となっています。

ビタミンB2が不足すると皮膚や髪、爪の再生速度が遅くなり、皮膚や粘膜の機能が正常に働くなる可能性があるでしょう。

口内炎や口角炎、舌炎、脂漏性皮膚炎、角膜炎などを引き起こす可能性があります。

ビタミンB2が多く含まれているのは、鮭を初めとする魚介類、豚肉などの肉類、レバー、酵母、ラッカセイなどの豆類、牛乳、卵、緑黄色野菜全般などです。

毎日で登場しやすい食材といえば「卵」ではないでしょうか!(^^)!

実は、栄養価としてもとても高い優等生なのです。

完全に火を通すことにより、コレステロールも上がりませんので、大人が摂取するときには固ゆでゆで卵にするとよいでしょう。

お子さんには毎日朝食などでいろいろなメニューで出してあげるといいですね!

我が家は毎朝、ゆで卵、スクランブルッグ、卵焼き、目玉焼き、豆苗と卵の炒め物、お味噌汁の6品で回しています。

味もいつも同じではなく、甘くしたり、少ししょっぱくしたりと変えています。

ほんの少しの工夫で飽きないようしています☆

ビタミンC

ビタミンCは、かの大航海時代に流行った壊血病を予防できる成分です。

ビタミンCは非常に重要な栄養素で、主にコラーゲンの生成に必要不可欠です。

他にも毛細血管や歯、軟骨の状態を正常に保ち、皮膚のメラニン色素の生成を抑制してシミをできにくくしたり、飛躍を防いだりします。

さらに、ストレスや風邪に対する抵抗力も高めてくれます。

また、ビタミンCには抗酸化作用があるため、老化防止や動脈硬化予防にも効果があると言われているのがポイントです。

もしもビタミンCが不足してしまった場合、コラーゲンの生成量が大きく減ってしまうので血管が脆くなり、出血を引き起こす壊血病を発症させます。

貧血や筋肉の減少、肌のシミができやすく、日焼けしやすくなり、心臓障害を引き起こしたり呼吸困難になるなど、不足するだけでこんなにも様々な影響を出してしまうでしょう。

ビタミンCが多く含まれているのは、アセロラやレモンなどの果実類、ピーマンや芽キャベツなどの野菜類、ジャガイモなどのイモ類や緑茶などです。

ビタミンCを簡単に摂取する方法があります。

それはビタミンCの粉末を水に溶かして、水の代わりに摂るのです。

最初のうちは酸っぱくて飲みにくいですが、次第に慣れておいしくなりますよ♪

ビタミンCは水分に溶け出してしまい、一度に大量に摂取しても尿と一緒に排出されるので、継続的に摂る必要があります。

目安は一日1リットルほど飲むことをオススメします。

多い人では2リットル摂取する人もいますが、トイレが近くなるので職場環境を考えて量は調節してくださいネ!

食物繊維

食物繊維は主に野菜類に多く含まれており、体内には吸収されませんが健康医所のためには食物繊維が欠かせません。

食物繊維には水に溶けない不溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維の2種類があります。

水溶性食物繊維は小腸で栄養素の吸収を遅くし、血糖値の上昇を抑える効果や余分なコレステロールを体外に排出することでコレステロール値を低下させる働きがあります。

他にも高血圧予防や糖尿病予防、脂質異常症、動脈硬化など様々な症状の発症を抑えるので健康には欠かせません

不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収して排便を促し、便秘を解消する働きがあります。

便秘がちになっていると腸内で悪玉菌によるガスが発生し、血中を巡って身体に様々な影響をもたらします。

大腸がんのリスクも減らしてくれるなど、腸内環境を正常に保つのに欠かせません。

腸が悪いと他の臓器に連動して調子が悪くなるので、腸内環境を整えられる食物繊維は積極的に摂取した方が良いでしょう。

食物繊維の多い食材として挙げられるのが、

不溶性食物繊維だと【海藻、こんにゃく、リンゴや柿、納豆などの豆類、ゴボウ】

水溶性食物繊維では【キャベツ、大根、海藻類など】

ここでもやはり納豆は最強ですね。

毎日のもう一品に加えるだけで健康に近づけるのですから、納豆が嫌いでない方は食べた方がいいですよね(^_-)-☆

まとめ

健康に気を使う人にとって、普段から身体に必要な栄養素を摂取するのは非常に大切なことだと言えます。

健康は普段の生活習慣によって成り立っていると言っても過言ではありませんし、特に食事から摂れる栄養素は非常に重要です。

見た目の健康と内側からの健康の両輪がうまく回ってこそ本当の健康だと私は考えます。

是非とも、今夜の一品はいつもとは違う一品を加えてみてはいかがですか?

 

本日もお読みいただきましてありがとうございます☆

 

【関連記事】これからの時期にピッタリ!
「夏場の時期の水分補給について」はこちらから!

 

ネットからすぐの予約の空き状況を見たい方はこちら!
(メールなどでやり取りせずに、患者さんのご都合で来院時間を決められます☆)

ラインからのご連絡・ご予約はこちらです☆

Facebookのお友達申請はこちらよりお願いします!

インスタとTwitterもフォローお願いします(^^♪

インスタはこちらから!

Twitterはこちらから!

TEL:0224-25-8611

この記事のキーワード

この記事の著者

仙南 白石接骨院いとう(院長:伊藤良太)
仙南 白石接骨院いとう(院長:伊藤良太)
記事一覧

著者一覧