産後の無痛骨盤調整は「入らなかったズボンが入る!」と、とても好評!身体の痛み・痺れ・重み・関節痛、交通事故による症状、スポーツでの痛みはトレーナー・フィジカルコーチ経験のある院長にお任せください!身体のコトに関しては何でもお気軽にご利用下さい☆急患随時OKです!
TEL:0224-25-8611
お電話、メールは年中いつでもどうぞ!
急患も随時受け入れ致します!
公開日:2018年5月15日

 この記事は約 5 分で読めます。

皆様こんにちは!仙南 白石接骨院いとう、院長の伊藤良太です。

気候、気温の変化が著しくて身体はついていくのが大変ですね!

身体のだるさ、重み、不具合は、東北では唯一施術が受けられる妙見活法にてその場でスッキリしますよ☆

さてさて、本日は暑くなる時期に向けて、運動中の水分補給について書かせていただきます。

のどの渇きを感じているときの身体の状態とは?

喉の渇き=脱水症の始まりです。

喉の渇きのみを感じている場合は、脱水症とまでは言いませんが、脱水症の始まりだと認識しておくと良いでしょう。

決して甘く見てはいけません。

脱水症には下記の種類があります。

・低張性脱水:水分とナトリウム不足により、症状としては「だるさ、吐き気、けいれんなど」

・高張性脱水:水分のみの不足による状態で、症状は「発熱、口の激しい渇き、意識の混濁など」

参考までに具体的にどのような症状が現れるのか記載しておきますね。

 

水分損失率 症状例
1% 大量の汗、喉の渇き
2% 強い乾き、めまい、吐き気、ぼんやりする、重苦しい、食欲減退、血液濃縮、尿量減少、血液濃度上昇
3%を超えると、汗が出なくなる
4% 全身脱力感、動きの鈍り、皮膚の紅潮化、いらいらする、疲労および嗜眠、感情鈍麻、吐き気、感情の不安定(精神不安定)、無関心
6% 手足のふるえ、ふらつき、熱性抑鬱症、混迷、頭痛、熱性こんぱい、体温上昇、脈拍・呼吸の上昇
8% 幻覚・呼吸困難、めまい、チアノーゼ、言語不明瞭、疲労困憊、精神錯乱
10~12% 筋痙攣、ロンベルグ徴候(閉眼で平衡失調)、失神、舌の膨張、譫妄および興奮状態、不眠、循環不全、血液および血液減少、腎機能不全
15~17% 皮膚がしなびてくる、飲み込み困難(嚥下不能)、目の前が暗くなる、目がくぼむ、排尿痛、聴力損失、皮膚の感覚鈍化、舌がしびれる、眼瞼硬直
18% 皮膚のひび割れ、尿生成の停止
20% 生命の危機、死亡

※出典:日本体育協会、スポーツと栄養より

私の小学生の頃、脱水症を経験しており、めまいや視野の欠損がありました。

安静にして、水分を補給したところ時間の経過とともに回復したのを覚えています。

25年ほど前はまだ「水は飲むな!」の時代でしたからネ…。

水分とパフォーマンスの関係

今年3月に水分とパフォーマンスの関係を表す実験結果が明らかになりました。

内容は、
「ある環境下で自転車を漕ぎ、2群に分け、脱水していないグループ脱水グループそれぞれに水分摂取量に差をつけたところ、
運動後のペダルを漕ぐスピードや出力、深部体温に違いがありました。

脱水グループは脱水していないグループに比べ、ペダルを漕ぐスピードと出力が低下し、深部体温も高かったということです。

これが何を意味するのでしょうか?

そう、脱水になってしまうと、いえ、喉の渇きを感じている時点でパフォーマンスは低下してしまうということです。

「自分は脱水している」、と認識している前にはすでに喉の渇きを感じていますので、その前に水分を補給する必要があるということです。

これからの季節は運動中は時にこまめに水分を補給することが体調不良を防ぐことを意味し、パフォーマンスの低下を防ぐと子になります。

タイミングとしては、競技にもよりますがプレーがきれた時に摂取できると理想です。

このことは指導者も是非知っておく必要があります。

最近の夏は猛暑になる事が多く、事故を防ぐためにも、子どもたちの将来を守るためにも時代に適した指導を心がけるべきです。

「俺の時はこうだった!」は通用しません。

事が起きてからでは手遅れになりますので、思い込みを外し、選手を守りましょう!

何を摂取すればいいの?

これは皆さん迷うところではないでしょうか。

スポーツドリンク?お茶?水?

今はいろいろと水分として摂取するものがありますので迷うところだと思います。

この中で運動中に一番適しているのは「水」です。

味がついた水分というのは体内で吸収される時に浸透圧というものが早さを左右します。

サラサラの水とドロドロの水がコーヒーのペーパーフィルターを通過するところをイメージしてみてください

さらさらの水は不純物がなく濃度も低いので砂時計が落ちるように下に滴りますが、
ドロドロした水分はなかなか流れにくく、溜まっていく様が想像できるかと思います。

サラサラの水は不純物のない水、ドロドロの水はスポーツドリンクと例えました。

運動中は余計な成分が含まれていると体内に吸収されるスピードも遅くなりますし、吸収にあたり臓器に負担をかけることにもなります。

それに味がついていると口の中に味が残り嫌な感覚にもなりますしね!

運動中の水分補給は水が一番適していてるということです。

競技終了後には速やかに排出した成分を補給する事で翌日への体調管理にも繋がります。

翌日の為に「「今」何をするか、です☆

最後に…

皆様いかがだったでしょうか?

体内の水分たった1パーセント失われるだけでパフォーマンスは落ちてしまいます。

夏場にパフォーマンスが落ちてしまうのは実は水分の取り方が原因だったかもしれませんよ…

まだまだ指導者の考えが追いついていない場合もありますので、少しでも私のメッセージが届けば幸いです☆

本日もお読みいただきましてありがとうございました!

 

 

この記事のキーワード

この記事の著者

仙南 白石接骨院いとう(院長:伊藤良太)
仙南 白石接骨院いとう(院長:伊藤良太)
記事一覧

著者一覧